21世紀の生活者像と食品事業 - 石川雅紀

石川雅紀 世紀の生活者像と食品事業

Add: akysaxar53 - Date: 2020-12-04 10:14:35 - Views: 7713 - Clicks: 7582

61MB ・ リサーチプラン Wordファイル/26KB. 1 調査概要 (1) 調査目的 府民が身近にできる地球温暖化対策として、温室効果ガスの排出を削減する「緩和」の取組みと、現在あるいは今後現れる気候変動の影響への「適応」が重要となっている。 従前より認知され、イメージのしやすい「緩和」の取組みと、新たな概念である「適応」への意識や取組み状況に関連があるのか検証し、「緩和」と「適応」を同時に推進するための効果的なテーマや手法の検討に活用する。 (2) 調査(検証)項目 屋外で過ごす時間・頻度と適応行動との関係 省エネ行動と適応行動との関係 「適応」の意味を知ることによる適応行動への影響 (3) 調査対象及びサンプル数 国勢調査結果(平成27年)に基づく性・年代・居住地(4地域)の割合で割り付けた18歳以上の大阪府民1,000サンプル (4) 実施期間 平成30年7月5日から7月9日 2 調査結果 主な分析結果:屋外で過ごす時間が長いもしくは屋外で過ごす頻度が高い人の方が、より多くの適応行動を取っていた。また、取り組んでいる省エネ行動が多い人ほど、多くの適応行動を取っていた。 「適応」の意味を知ることにより、今後の適応行動への取組み意識が高まることが確認できた。 (1)分析結果概要 Wordファイル/406KB (2)単純集計結果(参考) Excelファイル/22KB 21世紀の生活者像と食品事業 - 石川雅紀 (3)質問票 PDFファイル/541KB ・ リサーチプラン Wordファイル/30KB. See full list on toyokeizai. 79MB ・ リサーチプラン Wordファイル/29KB. ――ベンチャー起業家にとって、EYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤーなど、企業に対する賞はどのような意味を持つでしょうか。 出井私は、一種の美人コンテストだと考えています。人から見て、どう見えるのか。つまり、自分の会社を他人の目から見るとどう見えるのかがわかるということです。知らない人にはきちんと説明しなければなりません。それは株主に説明するのと同じことです。 これまでどうやって試練を乗り越え、どんなオポチュニティを使って成長してきたのか。審査員にプレゼンするために、緊張感を持って自分の会社を見ていくと、見えなかったものが見えてきます。自分の考えを改めて整理して、人前で説明できる良い機会だと思います。 日本と海外のベンチャー経営者の違いで言えば、日本は島国ですから、クロスボーダー的な発想にどうしても乏しい。やはりクロスボーダー、クロスカルチャーで苦労してきた会社のほうが強い。日本にも都会と田舎との違いはありますが、文化にそれほど違いはありません。その意味で、日本の会社は何となくひ弱な印象を受けます。 海外では言い合うのが普通です。以前、あるアメリカ人が「日本に5年いると、アメリカで自分が使えなくなる」と言うので、なぜかと聞くと「やさしくなっちゃうから」と答えが返ってきました。 日本のベンチャー経営者はもっと海外に目を向けるべきでしょう。海外に出ることで、もっと自分に刺激を与えることができます。そして、もっと志を高く持つべきです。その意味でも、世界大会であるEYアントレプレナー・オブ・ザ・イヤーは、良い機会を提供してくれると思います。. 図像資料は、文献資料以外の歴史資料として映像資料などともに「非文字資料」と総称されることがある。 非文字資料については、神奈川大学日本常民文化研究所による研究「人類文化研究のための非文字資料の体系化」が年(平成15年)に文部科学省「21世紀coeプログラム」拠点事業.

前野 正文「発酵乳の生理機能研究と食品開発への応用」 年. 21世紀の生活者像と食品事業 信頼を獲得する情報・コミュニケ-ション戦略指針 /サイエンスフォ-ラム/石川雅紀の価格比較. 岩手県立美術館 岩手県立美術館の概要 ナビゲーションに移動検索に移動 岩手県立美術館iwate museum of artグランドギャラリー施設情報専門分野美術館館長原田光&91;1&93;事業主体岩手県管理運営公益財団法人岩手県文化. 石油価格が1バレル当たり147USドルに急騰した年、日本では食料価格の連鎖的な急騰が懸念された(そのため読売新聞の先ほどの実験が行われたのだ)。多くの評論家は石油価格と食料価格の明らかな関連を指摘している。食料価格の高騰は、主に発展途上国にとって主要な懸念材料である。発展途上国では食料価格の高騰が何百万もの人々を困窮状況に追いやり、モザンビークやエジプトといった国々で最近見られたように、暴動を引き起こす引き金にもなり得る。 一方、日本のような豊かな国の人々は、割引商品を探したり、食生活を変えたり、あまり重要ではない消耗品を買わないなど、食料価格の高騰に対処しやすい。年当時、最悪の事態と言えば、バターが入手困難になったことくらいだ。 より最近の例としては、年3月11日の災害に際してヨーグルトや納豆といった一部の食品が品薄となった。省エネルギー対策によって安定した電気供給が困難となり、低温の衛生的な生産環境が整わなかったためだ。しかし食料システムは総じて、危機的状況においても食料を人々に提供することができた。では、石油価格や災害によって誘発された影響が著しく深刻化する限界点、あるいは一種のティッピング・ポイントは存在するのだろうか? 石油生産のピークと予想される石油価格の危機が到来した場合、輸入に依存する日本はどのように対処するのかが問題である。世界トップクラスのシンクタンク、チャタム・ハウスのポール・スティーブンス氏は年、石油価格がバレル当たり200USドルを超えた場合、石油需給が逼迫し、マクロ経済に深刻な影響を及ぼすと論じた。続いて年に発表されたロイズ・オブ・ロンドンとチャタム・ハウスによる報告書は、石油危機は早ければ年に生じる可能性を指摘した。その他の複数の報告書は、世界の石油生産のピークをより遅く年から年の間に設定している。しかし、日本が食料システム全体の再編に効率的に対処する時間があるかどうかを考えた場合、ピークオイルの時期に関する議論は現実的ではない。 日本におけるピークオイルの影響に関する文献は多くない(ほとんど皆無である)。このテーマは年、『日本における食料とエネルギー 21世紀の食料事情を考える』と題されたアントニー・ボーイズ氏による示唆に富む論文の中で、食料安全保障との関連. . 11MB ・ リサーチプラン Wordファイル/31KB.

6% 最近みどりに触れた府民の割合は23. 1 調査概要 (1) 調査目的 過去の大規模災害では行政機能が麻痺するなど公助の限界が明らかになり、自らの命は自らが守る「自助」、共に助け合う「共助」の取組みの重要性が高まっている。本調査では府民の日頃の防災に関する意識や行動、「大阪府北部を震源とする地震」の状況などを調査し、今後の防災施策の参考資料とする。 (2) 調査(検証)項目 「自助」・「共助」の取組みや災害ボランティアへの参加意欲とボランティア経験の有無との関係 普段からの共助の取組みの有無と災害時の共助の意欲との関係 大阪府北部を震源とする地震の際に災害情報を得ていたツールと年代との関係 災害に備えていたかどうかと地震直後の行動との関係 (3) 調査対象及びサンプル数 国勢調査結果(平成27年)に基づく性・年代・居住地(4地域)の割合で割り付けた18歳以上の大阪府民1,000サンプル (4) 実施期間 平成30年11月2日から11月4日 2 調査結果 ボランティア活動の経験がある人は、そうでない人と比べ、「自助」と「共助」の取組みをしている人の割合が高く、災害ボランティアへの参加意欲がある人の割合も高い。 防災活動に参加している人と防災以外の地域活動に参加している人は、それぞれ、活動に参加していない人と比べて、災害時に共助の意欲がある人の割合が高い。 災害情報を得ていたツールとして「テレビ」と回答した人の割合は若年層や中年層よりも高齢層の方が高く、「SNS(Twitter、Facebook、LINEなど)」と回答した人の割合は高齢層や中年層と比べて若年層の方が高い。 家庭で災害に備えて準備をしている「自助」の取組みをしている人の方が、大阪府北部を震源とする地震の揺れがおさまった後に身の安全を守る行動を取った人の割合が高い。 (1)分析結果概要 Wordファイル/356KB (2)単純集計表(参考) Excelファイル/32KB (3)質問票 PDFファイル/1. 1 調査概要 (1) 調査目的 大阪府では、「人と動物とが共生できる社会の実現」を図っていくことをめざす「大阪府動物愛護管理推進計画」(平成26年4月改定)を策定し、動物愛護管理行政の推進に取り組んでいる。今般、動物愛護の取組みの推進に資するため基金が創設され、基金を活用した新たな取組みを検討する中で、高齢者がペットを飼育することによる影響や課題等について調査を行い、今後の施策検討のための参考とする。 (2) 調査(検証)項目 ペットの飼育の有無による今後のペット飼育希望と年齢層の関係 ペットの面倒を見られなくなった時に頼れる人の有無と今後のペット飼育希望の関係 (3) 調査対象及びサンプル数 大阪府民(18歳から64歳)700人、大阪府民(65歳以上)300人の計1,000サンプル。その内、現在、犬又は猫を飼っている人(500人)、及び過去に飼ったことがある人(500人) (4) 実施期間 平成30年9月28日から10月1日 2 調査結果 現在ペットを飼っていない理由として「最後まで世話をする自信がない」を挙げた人の割合は若年層や中年層よりも高齢層の方が高かった。また、今後のペット飼育希望は高齢層の方が希望しない人の割合が高かった。 ペットの面倒を見てくれる人がいる場合は、いない場合に比べ、ペットを飼いたいと回答した人の割合が高かった。 (1)分析結果概要 Wordファイル/411KB (2)単純集計表(参考) Excelファイル/32KB (3)質問票 PDFファイル/1. 1 調査概要 (1) 調査目的 農の分野には、障がい者が自然とふれあいながら力を発揮できる作業が多くあることから、大阪府では農業の多様な担い手の確保と障がい者の雇用・就労の拡大に向け、農と福祉の連携(「ハートフルアグリ」)を推進し、企業や福祉事業者などの参入や事業の継続を支援している。 「ハートフルアグリ」の取組みについては、イベントの開催などにより、周知を図っているものの、府民への浸透はなかなか進んでいないと考えられることから、現時点の府民の認識や取組みに対する評価を確認するとともに、今後の取組みや販路拡大の参考とする。 (2) 調査(検証)項目 ハートフルアグリの購入希望と授産品等の購入経験やボランティア経験との関係 ハートフルアグリの購入希望と野菜購入の際に重視する事項との関係 ハートフルアグリの購入希望とハートフルアグリに対するイメージとの関係 性別、年齢とハートフルアグリの購入希望との関係 (3) 調査対象及びサンプル数 自ら野菜や果物など農産物を購入している18歳以上の大阪府民1,000サンプル (4) 実施期間 平成30年8月31日から9月1日 2 調査結果 主な分析結果:授産品の購入経験や購入希望がある人は、ない人に比べ、ハートフルアグリの購入を希望する人の割合が高かった。. 1 調査概要 (1) 調査目的 水都大阪の新たな水辺の魅力づくりのため、大川(一級河川 旧淀川)左岸の毛馬桜之宮公園貯木場跡の水辺を活用し、府民が水辺に親しみ、くつろげる空間づくりとして、「大阪ふれあいの水辺づくり事業」を進めている。 砂浜ゾーンの整備から7年が経過し、平成29年には自然再生ゾーンの整備が完了したことから、利用者の意識調査を行い、今後の維持管理等の検討に活用する。 (2) 調査(検証)項目 大阪ふれあいの水辺の利用経験と大川の水質に対する印象との関係 寝屋川の水質に対する印象と大川の水質に対する印象との関係 (3) 調査対象及びサンプル数 大川(一級河川 旧淀川)を知っており且つ見たことがある18歳以上の大阪府民1,000サンプル (4) 実施期間 平成30年10月10日から10月11日 2 調査結果 主な分析結果:大阪ふれあいの水辺を利用している人は、利用していない人に比べ、大川の水質についてきれいだと思う人の割合が高かった。 また、寝屋川の水質についてきれいだと思う人は、きれいだと思わない人に比べ、大川の水質についてきれいだと思う人の割合が高かった。 (1)分析結果概要 Wordファイル/723KB (2)単純集計結果(参考) Excelファイル/21KB (3)質問票 PDFファイル/1. 一部の批評家たち(筆者2人も含む)は、難しいながらも前述の活動などによって日本の食料や農業の傾向が逆転することを期待している。その一方で、第2次世界大戦以降、伝統的に権力を行使してきた人々は数年にわたり、長期の食料緊急事態への対処に向けた行動を起こしてきた。 基本的に、日本の巨大食料企業は近年、投資の食指を海外に広げてきた。『ニューヨーク・タイムズ』紙は、日本の食料部門戦略は健康食および菓子の海外市場を特にアジアで開拓することだと年に報じた。 肥沃な国土を持つオーストラリアでは、日本の大企業が同国の大手企業を買収した。例えばビールメーカーのキリンはオーストラリアの乳製品企業の最大手を買収した。その後、競合会社のアサヒビールは大規模な買収に乗り出した。 さらに興味深いのは、日本の著名なお茶メーカー、伊藤園の下した決定である。同社はオーストラリアのビクトリア州で茶の生産施設を設立する前に、数年間にわたってリスクの高い大規模な投資を行った。この計画がうまくいけば、伊藤園は日本市場向けに日本の代表的な緑茶を生産することになり、将来的に生じると予測される日本国内での生産量の落ち込みを埋めることができる。 日本の人口が減少すれば国内の食料市場も確実に縮小すると考えられる。そのため、上記の例のように先を見越した投資戦略は、ビジネスの点で理にかなっていると考える人もいる。人が1日に消費する食べ物や飲み物は限られている。賢明な企業は、古い市場が崩壊する前に新たな市場を開拓すべきである。 こうした傾向が将来、世界レベルでどのような影響を及ぼすのかを検討するためには、包括的な調査が必要である。しかし、日本の官僚と経団連に属する企業のエリートとの昔からの緊密なつながりを考えると、こうした企業の動きは、たとえ食料そのものが海外で生産されたものだとしても、少なくとも非公式的には、日本の食料安全保障を後ろ盾する政策を反映したものだと容易に推測できる。 別の言い方をするなら、状況は「土地収奪」と呼ばれる世界的な現象に似ている。この現象は、特にアフリカの広大な土地を外国が買い上げ、自国の国民向けに食料を生産するために使うことで、自国の食料自給率は低くても国民は食料を調達することが可能となる。自給率は下がっているのに企業が海外での活動を拡大しつつある日本は、輸入せざるを得ない食料のコント. 日本政府が非常に注目している問題(フード・アクション・ニッポン事業のテーマでもある)に、消費カロリーに基づく日本の食料自給率が年時点でわずか39%だという事実がある。消費カロリーの残りの61%は、輸入食料から摂取されている。一方、他の国のカロリーに基づく食料自給率は、年時点で、オーストラリアが173%、カナダは168%、アメリカ(US)は124%だった。(農林水産省によるデータをご覧ください) こうした数字の意味を探るために、年、読売新聞の記者は国民1人当たりの1日平均摂取カロリーである2548キロカロリーの約40%で生活してみた。彼は2日間にわたり、1日わずか996キロカロリーの食事しか取らなかった。つまり、日本の食料輸入が完全にストップし、国内で手に入るものだけに頼らざるを得なくなった状況を体験したのだ。 この実験には一部から批判が寄せられたが、実験から得られる教訓は単純明快だ。すなわち現代の健康的な日本食は、海外から大量の食料を輸入しなければ維持できないということだ。政府は対応策として、年までに国内の食料自給率を50%に増やそうとしている。しかしこれまでのところ、食料自給率が41%だった年よりも状況は悪化している。 消費者のし好の変化と共に、伝統的には和食と見なされない食べ物(例えばパスタや、パンに使われる小麦)への需要が増えたことで、日本の農業の置かれた苦しい状況は食料問題を悪化させる主な要因の1つである。国連食糧農業機関のデータベース(FAOSTAT)によると、日本の農村部の人口は減少し続けており(全人口に対する割合は1996年では35.

石川雅紀『21世紀の生活者像と食品事業―信頼を獲得する情報・コミュニケーション戦略指針』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約0件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理すること. 21世紀の生活者像と食品事業 - 信頼を獲得する情報・コミュニケーション戦略指針 - 石川雅紀 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. ――特に世間では、人工知能についての注目度が高くなっています。 出井最近話題に上がるIoT(Internet of Things=モノのインターネット)ですが、ネットにつながることが大事なのではなく、つながってデータを処理するほうが大事です。そこに利益が生まれるからです。そこでも、やはり人工知能が重要になってくる。 これから人工知能は急激に変化していくでしょう。今後、皆がスーパーコンピュータを持つ時代が必ずやってくるはずです。これまで日本はIT分野では負けてばかりきましたが、これから日本という国のOSをすべて転換する気で変化していけば、必ず逆転できると思っています。 しかも、今はインターネットの浸透によって、国内にいても海外にいても、すぐにつながることができる時代です。つまり、インターネットは「距離」という概念をなくしてしまった。そこに新しいオポチュニティがあるはずです。これからは単にゲームのアプリを開発するよりも、どんな情報にフォーカスすれば、ビジネスになるのか。そうした情報について、もっと本質的に考えたほうがチャンスをつかみやすいと考えています。 ――これからはどんな経営者が求められるのでしょうか。 出井日本は今、ピンチとチャンスの狭間にいると言えます。野球で言えば、リードを許して6回裏を終えたところ。残りの7、8、9回をいかに戦うかで、次の12. 新しい高齢者像を求めて : 21世紀の高齢社会を迎えるにあたって 厚生省監修 ぎょうせい. See full list on ourworld.

横浜みなとみらい21(以下みなとみらい)では、外国人を対象にした「みなとみらいオンラインツアー」を、期間限定(年12月~2月)で開催します。 みなとみらいが好きな方、興味がある方など、どなたでもご参加いただけます. . See full list on pref.

21世紀コラム 「基礎を固める-謡曲とモノ作り」 増田信行(三菱重工業(株)取締役会長) 「教育者教育について」 星野聰史((株)関電工取締役会長). 1 調査概要 (1) 調査目的 大阪府では、「農」を通じた南河内地域の活性化のため「南河内いちごの楽園プロジェクト」や「ぶどう山再生プロジェクト」などに地元特産品のブランド化や加工食品の販売促進に取り組んでいる。大都市に近接した産地というメリットを活かし、効果的な特産品ブランドの確立をめざすため、アンケート調査を実施し、地元農産物やその加工食品についての府民の消費行動を明らかにする。 (2) 調査(検証)項目 農産物等を贈り物として購入することや、贈り物に農産物等を選ぶことと年代の関係 ブランドや話題性のある農産物等を購入するために遠出している人と年代の関係 直売所や直売所で売られている商品のイメージと直売所で農産物を贈り物として購入することの関係 (3) 調査対象及びサンプル数 大阪府内の農産物直売所で農産物やその加工食品(以下、農産物等)を購入したことがある大阪府民1,000人(うち主に南河内地域の農産物直売所を利用している大阪府民100人以上)。 (4) 実施期間 平成30年7月11日から7月15日 2 調査結果 農産物等を贈り物として購入する割合や購入頻度は、40代以下の方が50代以上よりも高かった。 ブランドや話題性のある農産物等を時間を掛けてでも購入する意向は、40代以下の方が50代以上よりも高かった。 贈り物として農産物等を購入する人は、購入しない人に比べ、直売所に対して良いイメージを持っている人が多かった。 (1)分析結果概要 Wordファイル/640KB (2)単純集計表(参考) Excelファイル/35KB (3)質問票 PDFファイル/700KB ・ リサーチプラン Wordファイル/30KB. EUの今後と国際秩序~新たな英国首相と英・EU関係の将来像 -21世紀政策研究所 解説シリーズ/21世紀政策研究所研究委員(ニッセイ基礎研究所研究理事) 伊藤さゆり; 米国における大規模自然災害 -ワシントン・リポート<63>. 21世紀の環境都市研究スタイル (年度 32巻3号) 持続可能社会を目指した叙述シナリオの作成:技術・産業・経済の側面 (年度 31巻5号) ヒトの化学物質曝露を評価する(年度 31巻4号). 多くの日本人にとって、日本が長期にわたる食料安全保障の問題に直面するという状況は、にわかに理解できないかもしれない。世界全体が直面する未来を表現するためにジェームズ・ハワード・クンスラー氏が使った言葉、「長期の緊急事態」を借りると、状況はより分かりやすいかもしれない。人口動態の著しい変化を考慮した場合、基本的に日本の食料自給率のシナリオは、石油に依存した近い未来よりも現時点の方がましだろう。 現在の傾向が続くなら、食料供給の問題はさらに悪化し、大きな困難が生じると考えられる。ボーイズ氏自身は石川英輔氏の著作に言及している。石川氏は江戸時代の経済に関する作家で、年の日本の状況について論じている(『年は江戸時代』講談社、1998年)。彼は主に「ゆっくりとした崩壊」のような状況を描いた。輸入量が徐々に減少し、輸出は落ち込み、経済も人口も減少するという状況だ。(同書の英語版はないが、石川氏による同様の作品をジャパン・フォー ・サステナビリティのウェブサイトで読むことが可能だ) 石川氏が記した様々な変化を読むと、気が重くなる。公的部門の借り入れ額や経済の停滞といった現在の日本が抱える主要な問題を考えれば、なおさらだ。しかも、日本国民は福島の原発事故の影響だけでなく、放射能汚染が懸念される一部の食料供給にも対処しなければならないのだ。食べることが大好きな日本人にとって、農林水産省のウェブサイトは気分を暗くするサイトである。食料の放射能汚染や検査結果に関する様々なニュースを目にするからだ。 『ニューヨーク・タイムズ』紙によると、食料への放射能の影響をコントロールするのは困難だと証明された。 「原子炉3基がメルトダウンした原子力発電所から20キロ圏内の避難地域内では、すべての農作業が停止されている。しかし、安全基準値を超えた放射能は、避難地域以外で生産された茶葉、牛乳、魚、牛肉、その他の食料から検出されており、発電所から320キロも離れた場所で生産された食料からも検出された」 より最近では、「8000平方キロメートルを超える範囲で、セシウム137の蓄積量は1平方メートル当たり3万ベクレル」という朝日新聞の年9月時点での推測値を、ジャーナリストのスベンドリニ・カクチ氏は引用した。 「推測される汚染地域は福島県のほぼ半分を占める。福島県は日本で3番目に広い.

イノベーター創出・投資促進事業 (12月11日) スタートアップブランド形成事業 (12月11日) スタートアップ共創促進事業 (12月9日) (変更)大規模小売店舗立地法に基づく届出書(令和2年11月25日届出 西友高針店) (12月9日). 1 調査概要 (1) 調査目的 大阪府においては、「子どもや女性を狙った性犯罪」「ひったくり・路上窃盗」「自動車関連犯罪」「特殊詐欺」を大阪重点犯罪とし、地域の犯罪情勢に即した犯罪抑止総合対策を推進している。 しかし、大阪重点犯罪の認知件数は、全国的に見ると依然として高水準で推移していることから、防犯対策に対する府民ニーズを確認し、より効果的な取組みの参考とする。 (2) 調査(検証)項目 路上で危険な目にあった等の経験と防犯対策の関係性 ナンバープレート盗難防止ネジの導入状況とナンバープレート盗に対する認識の関係性 自転車の施錠状況(年代別、価格帯別) 子どもの学年と自転車の施錠等についての親の指導状況との関係性 (3) 調査対象及びサンプル数 国勢調査結果(平成27年)に基づく性・年代・居住地(4地域)の割合で割り付けた18歳以上の大阪府民1,000サンプル (4) 実施期間 平成30年10月23日から10月25日 2 調査結果 主な分析結果:路上で危険な目にあったことがある人は、危険を感じたことがない人に比べ、防犯対策を取っている人の割合が高かった。 ナンバープレート盗難防止ネジを導入していない人は、導入している人に比べ、ナンバープレート盗の状況等を把握していない人の割合が高かった。 自転車の常時施錠の有無について、年代別では、20代までの若者と30代以上の人で統計上の有意差はなく、自転車の価格帯別では、25,000円以上の層は、25,000円未満の層に比べ、常時施錠している人の割合が高かった。 小学生の子どもがいる人の方が、中学生以上の子どもがいる人に比べ、自転車の施錠について指導している人の割合が高かった。 (1)分析結果概要 Wordファイル/325KB (2)単純集計結果(参考) Excelファイル/26KB (3)質問票 PDFファイル/663KB ・ リサーチプラン Wordファイル/30KB. 4%、 「健全な森林を次世代へつなぐ取組み」については67.

21世紀の生活者像と食品事業 - 石川雅紀

email: gememy@gmail.com - phone:(170) 907-6833 x 5750

みんなの談話室 vol.3 - 「みんなの談話室」編集部 - とれたての短歌です

-> ノブナガ・ザ・フール - 大関詠嗣
-> 神戸区分・都市図

21世紀の生活者像と食品事業 - 石川雅紀 - 檜山繁樹


Sitemap 1

これが漢語だ - 王希傑 - 刺繍CAFEへようこそ 矢崎順子